7月27日(日) 快晴

 昨日フェリーが出航したのはPM11:40だそうだ。少し飲み過ぎたせいか日記を書き終えるとすぐに眠ってしまったのだ。AM4:00過ぎに一度目を覚ましたが、朝もまだ早いし船も揺れていたので再び寝てしまった。AM6:15に目覚めて朝仕度を済ませ、甲板に出て風に当たり、シークワサージュースを飲んだ。フェリーは4時間も遅れていた。AM8:00頃小森君に会い、一等室を見せてもらった。ちょっとしたビジネスホテルのツインであった。昨晩小森君が「ツインでベッドが開いていますからどうぞ」と言われたが後から差額を船会社から請求されても困ると思い、やめておいた。それから船のレストランで和定食(鯖焼き、大根おろし、生卵、のり、漬け物、ご飯、みそ汁)を小森君と食べた。食後少し眠くなり、自分の2等船室に戻って眠ってしまった。AM10:00過ぎに目が覚め、一等室の小森君を訪ね、旅の話などをした。しばらくしてAM11:30になってやっと沖縄安謝港に着岸した。小森君は12時過ぎの飛行機で大阪に帰るというので、船会社が用意したタクシーですぐ空港へ向かった。今日は春海ユースホステルに泊まる予定なので、港から歩いてユースに向かった。炎天下の中25分ほど歩いたが21日に場所を確認していたので、日陰を選んで間違いなく行くことが出来た。チェックインを済ませ出掛けようとしたが、ロビーに19才の青年と沖縄の教員採用試験を受けに来た青年がいてPM3:00過ぎまで話し込んでいた。沖縄市内を見物出来る所はもうなかったし、昼間の炎天下の中外出するのはとても疲れるのである。ピークの過ぎた3時過ぎにユースを出てとりあえず国際通りへ向かった。公設市場奥の平和通りで21日にマンゴーを送ったおばあちゃんのいる店に再び行き、2箱5000円のマンゴーとゴ−ヤをおまけに付けてもらって自宅に送った。その後土産物屋を見て回り、最後に国際通り沿いにあるJAの土産物屋で総額2万円ほど買い、送ってもらった。(たちびん、古酒、海の葡萄、アーサーサンダンギ、ソーキそば、ミミンガー、ちんすこう等)同じ通り沿いにあるアメリカグッズの店でPOLICE帽子や認識標等も買い、ユースに戻ってきた。すぐに風呂に入り水を浴び、ユースの前にある酒屋でビールを買って飲んだ。暑さの中、国際通りを行ったり来たりして少し疲れたようだ。体もまだ船の中にいるようで左右に揺れている気がする。しかし今日は泊港で花火大会があると聞き出掛けた。厚木とは違い、道路も通行止めにして広々と花火を見ることが出来た。花火大会の後、家に電話をかけて、途中見つけた「雁ちゃんラーメン」という店で醤油ラーメン(500円)を食べたがあまりにもまずくて半分以上残してしまった。これから久しぶりに冷房の利いた部屋で寝るつもりである。
PM9:35 沖縄春海ユースホステルにて

inserted by FC2 system